■現代の生活習慣によって血糖値をあげてしまうことになってしまう。

血糖値があがってしまうと、糖尿病になりやすくなってしまったりします。
ではそのような病気の原因となってしまう血糖値を上昇させてしまう原因にはどのようなものがあるでしょうか?
主な理由を考えて見ますと、現代の私たちの生活に密着しているものが多いことに気づきます。
ですから私たちの生活は便利になっているものの逆に糖尿病になりやすくなってしまっているのです。
例えば、食べすぎ、飲みすぎ、運動不測、それによってなってしまう肥満体系、仕事のしすぎ、夜更かし、
薬に頼る生活、ストレスなどが血糖値を挙げてしまう要因となります。また女性であれば妊娠も一つの要因になります。
上記に記した要因は誰でも思い当たるのではないでしょうか?
それで糖尿病を防ぐためにどんな事が出来るのか順に考えていきましょう。

 

■遺伝や過食、仕事のストレスなど誰でも糖尿病になりかれない要因がある。

まず遺伝について考えますが、もし親や身近な親戚に糖尿病で苦しんでいる方がいると、糖尿病予備軍になりやすいと
言われています。その理由は、遺伝的にインスリンの働きが優れておらず、血糖値が上がりやすくなっているなってしまっているようです。
遺伝なので防ぎようはないと考えてしまうかもしれませんが、実はそうではありません。
なぜなら近親者が糖尿病であっても、自分自身が食べすぎ、お酒の飲みすぎなどに気をつけていれば、糖尿病を
防ぐことが出来ます。
考えて見ますと、両親から受け継いでいるのは体型だけでなくて食習慣も受け継いでいます。
それで、食習慣を改めず、運動もしないなら肥満していきます。
多くの調査で分かっているのは肥満体の場合、標準体型の人に比べて、糖尿病になったり、糖尿病の予備軍になる可能性が
3-4倍になると言われています。
またアルコールは食欲を増進させます。特にお酒を飲んでいるときは、カロリーが高く、塩分の多いものをとりたくなる傾向があります。そうしますと体の調子を悪くしますし、飲みすぎによって肝機能も低下してしまいます。また睡眠の質も悪くなり、体力も下がっていきます・
また疲れや、睡眠不足、不規則な食生活などから来るストレスも血糖値を挙げる要因になります。
ある研究ではストレスを受けると、血糖値が一気に上がるという結果も出ています。
このように私たちがついついしてしまいがちな、食べすぎ、お酒の飲みすぎ、運動が不足すること、ストレスなど
私たち現代人は血糖値を上げてしまい、糖尿病になる危険を増やす要因に囲まれていると言えます。